タクシードライバーになるには!?こんな人におすすめ


タクシードライバーが人気の理由

タクシードライバーになるためには普通自動車第二種免許が必要になります。第一種免許の取得から3年以上経過すれば、二種免許の受験資格を得られます。タクシードライバーが向いている人は、長時間の運転をしても苦にならない人、人と会話するのが好きな人、道を覚えるのが得意な人などです。接客・営業経験がある場合だと、優先的に採用してもらえることがあります。不景気な時代でもタクシードライバーは正社員を目指せる仕事として人気があるのです。35歳を過ぎても正社員として雇用してもらえる仕事は決して多くはありません。さらに個人タクシードライバーになれば、定年退職という概念がないので何歳まででも働けます。

タクシードライバーの求人の見つけ方

昔は会社をリストラされても、タクシードライバーになれば食べていけると言われていました。しかし現在はタクシー業界も競争が激しくなってきています。応募者が増えてきており、運転が好きというだけでは採用してもらうのは難しくなってきました。だからこそ求人応募をするときは、自分の強みをアピールする必要があります。コミュニケーションスキルに自信があること、常に安全運転を心がけること、などをアピールしましょう。求人情報はタクシー会社の窓口で紹介していることがあります。人員が不足している場合は会社の窓など、わかりやすい部分にドライバー募集の貼り紙をしていることが多いです。全国から仕事を探すなら、タクシードライバーの求人サイトが役立ちます。

ドライバーの求人は仕事内容を問わず、安全運転厳守が鉄則です。法定速度を守り、無事故無違反を厳守する姿勢を持つ人材が選ばれます。