大手メーカーが期待しているプラントエンジニアはどのような人か?


国内外の大規模の生産拠点で活躍した人は重宝される

プラントエンジニアは、製造業をメインに扱うメーカーの間で欠かせない専門職の一つとなっており、中でも国内外の大規模の生産拠点で活躍した人は多くの企業の間で重宝される傾向が見られます。また、大型の機械類の設計や運用、点検といった総合的な作業をこなせる人や、様々な国籍のスタッフと仕事上で上手くコミュニケーションを図れる人は、大手メーカーを中心に引っ張りだこの状況となっています。プラントエンジニアの求人の応募条件は、各企業の事業内容や生産拠点の場所、採用後の役割などによって異なります。そこで、理系分野の求人が数多く掲載されている転職サイトなどを使って、求職中に自分自身のキャリアや能力、資格などを生かすことができる職場をじっくりと見極めることが重要です。

プロジェクトの責任者を任された人は好条件で働ける

前職で大きなプロジェクトの際にプラントエンジニアの責任者を任されたことがある人は、転職後も力を発揮できるケースが多く、勤務先によって差はあるものの、定年まで好条件で働きやすい状況となっています。また、メーカーによっては機械類に関する専門的な知識や技術だけでなく、部下のマネジメント力が優れているプラントエンジニアを欲しがっているところもあります。たとえば、英語をはじめとした語学に堪能なプラントエンジニアは、国内の主な生産工場内だけでなく、海外転勤を経てキャリアアップを図ることも可能です。そのため、長くプラントエンジニアとしてキャリアを積みたい人は、自分の目標とするキャリアを目指しやすい職場を探すことが大切です。

プラントの転職は技術力や資格がある人の方が、面接のときに有利になります。そのためには、電気工事施工管理技士、管理技術者などの資格をとっておくと良いでしょう。