要注目!外資系のメリットとデメリットは?


外資系の様々なメリット

まず外資系企業というのは、日本に進出して更なる売り上げアップを目指す集団という認識が必要です。日本の会社も競争社会で生き残るという意識を持っていますが、同時に人材を育てるという意識もあります。外資系は、人材を育てるというより使える人間を配置するという考えです。故に外資系のメリットは、結果を残した人間は年齢に関係なく上の立場になれることです。上の立場になれば仕事のプレッシャーは増えますが、精神的な余裕が生まれたり給与も高くなります。結果を残し続ければ様々な権限が与えられるので、指示される側ではなく自分が思った通りのビジネスを展開することができます。一日でも早く出世して会社や社会に貢献したいという人は、ハイリスクハイリターンの外資系で挑戦するのも良いです。

外資系のデメリットは?

外資系のデメリットは、職を失いやすいということです。結果を残せばすぐに上の立場になれるというのがメリットではありますが、逆に結果を残せなければ首元が涼しくなります。もちろん一回の失敗で解雇されるほどシビアな世界ではありませんが、何度も同じミスをしたり結果を残せなければ解雇されます。日本の会社では、ミスは仕事で取り戻すという考えが根強いです。しかし外資系は他の人間にチャンスを与えるので、仕事で挽回という考えはほとんどありません。短期間で職を失ってしまうことになれば金銭的にも苦しくなりますし、次の就職活動にも悪影響が生じるかもしれません。

外資系求人では、高い英語力を求める求人が非常に多いです。英語力が必須ではない求人もありますが、応募する際には英語の資格を取得しておいた方が安心です。