派遣で働くメリットとは?秘書の仕事について解説


秘書の主な仕事内容を紹介

秘書の仕事の一つは、担当となる上司のスケジュールの管理です。秘書をつけている上司の多くは、打ち合わせや訪問、来客など多くの予定が詰まっており、多忙なことが多いです。そんな上司の予定を管理することが秘書の中心的な仕事となります。新幹線や飛行機などの移動手段の確保、食事の場所の予約などは秘書が行います。食事の際には相手方の好みも把握して、適切な場所を予約することも重要です。来客時の対応も秘書の役割であり、相手方に失礼のないように接するためのマナーに関する知識も求められます。他にも、秘書の仕事としては電話対応もあります。必要性の高い電話のみを取り次ぐようにして、上司の仕事をできるだけ減らせるように取り組むことが重要です。

秘書の仕事を派遣で働く

秘書の仕事は正社員だけでなく派遣という働き方もあります。派遣で働くメリットは未経験でも働きやすいことです。未経験であっても時給1500円前後の高い時給で働けますし、経験者であれば3000円以上もある高時給の求人も見つけるでしょう。秘書に求められる仕事のレベルは、担当となる上司の役職によって変わってきます。そのため、キャリアアップの道筋が明確であるという特徴があります。多くの職場を経験しやすく、豊かなスキルが身につけられるのも派遣の仕事の魅力ですね。反面、上司から悪印象を持たれてしまうと、別の秘書にあっさり変えられてしまう可能性があります。近年では、会社の仕事を効率化するために管理業務を外部へ委託する会社が増えています。秘書の仕事も社内の人間ではなく派遣会社に依頼するケースも増えており、需要が高まることが予想されている仕事です。

事業を展開している方向けに、秘書の派遣サービスがおこなわれています。スケジュール管理を始めとして、電話や来客の取次ぎなどをします。