ワークライフバランスが取りやすい薬剤師!給料が高くて働き方が選べる!


薬剤師はワークライフバランスが取りやすい職業

薬剤師は医師や看護士などの病院で働く職業と比べると、ワークライフバランスが取りやすい職業です。薬剤師のイメージとして、薬局で処方箋に書かれた薬を配合しているイメージが強いです。そのイメージは決して間違っていません。薬局は時間が決まっているので、その間だけ動いていることがほとんどです。そうなると、定時に帰ることができる職業でもあります。そのような環境ですので、薬剤師はプライベートを充実させることができる職業でもあるのです。休日は決まっていますし、残業をすることはほとんどないです。仕事が忙しいからといって、休日出勤する必要もありません。一般の企業と比べれば、ワークライフバランスが取りやすいのです。

高水準の働き方が選べるのが特徴

薬剤師は働き方が選べるのは特徴です。薬局で働くのと、ドラッグストアーで働くのでは給与や待遇に差が出ます。しかし、どのような職場でも待遇は高水準になっています。例えば、完全週休二日制の待遇がほとんどですし、働く時間も短いことが多いです。その上、薬剤師は不足していますので、求人が簡単に見つけることが多いです。

資格があるので給料は安定している

薬剤師は国家資格が必要ですので、安定して給料は高いです。医師などの国家資格と同じくらいに時間をかけて勉強をして、国家試験に合格した人のみが取れる資格です。そう考えると、資格を持っているだけで高い給料がもらえる職業でもあります。どの職場を選んでも最低水準が高くなっているのは、そのような理由があるからです。

調剤薬局の増加を背景に薬剤師の求人も増えいています。人生100年時代、ムリなく働ける薬剤師のシニア求人でセカンドライフの充実も期待できます。